富田鋼業株式会社|安心・安全な製品をお届けします

Business事業内容

Business事業内容

スタッド溶接とは?

スタッド溶接は、建築や機械製造など、多くの分野で使用される非常に汎用性の高い溶接方法です。この技術は、スタッド溶接機と呼ばれる専用の機械を使用して、ねじスタッドやピンなどの突起物を母材に押し付けて瞬時に溶接する方法であり、非常に高い接合強度を実現することができます。

一般的に手動タイプと自動タイプの2種類があります。手動タイプは、スタッドをセットして、トリガーを引いて溶接を行います。自動タイプは、コンピュータで制御され、スタッドのセットから溶接までの全プロセスを自動的に行うことができます。

なお、非常に迅速に行われるため、生産性が高く、建築現場や工場などで広く使用されています。特に、鉄骨構造物やプレハブ建築物の組み立て、船舶の製造、タンクの製造などによく用いられています。

スタッド溶接のメリット

1.生産性の高い溶接

スタッド溶接は、1本当たりの溶接時間が1秒以内で完了するため、非常に生産性が高い溶接方法です。特に短納期を求められるプロジェクトにおいては、この溶接方法は非常に適しています。また、溶接時間が短いため、人件費の削減にもつながります。

2.品質のバラツキが少ない溶接

スタッド溶接は、溶接機に電気タイマーを設定することで、作業者の熟練度に左右されない一定の品質を保つことができます。複数のスタッドボルトを一度に溶接することができ、接合部の強度も高くなるため、安定した品質の溶接が可能です。

3.母材に与える影響が少ない溶接

スタッド溶接は、ほかのアーク溶接と比較して、溶接痕が残りにくい溶接方法です。また、筐体の曲げ成形後でもスタッド溶接を行うことができ、母材に与える影響が少ないため、材料の変形を最小限に抑えることができます。このため、微細な加工やデリケートな製品にも使用されることがあります。

営業品目・建築、橋梁、他(頭付き、異形、ネジ、アンカー)
・耐震補強(耐震枠等)
・杭頭補強(パイルスタッド)

建築

建物の設計・施工・監理などを行う業務です。建物の外観や構造、設備などを設計し、施工現場で工程管理や品質管理を行いながら建物を建設していきます。また、建物の改修や増改築、解体などの工事も行います。

建築

建物の設計・施工・監理などを行う業務です。建物の外観や構造、設備などを設計し、施工現場で工程管理や品質管理を行いながら建物を建設していきます。また、建物の改修や増改築、解体などの工事も行います。

頭付き

建築や土木工事で使用される、釘やボルトなどの先端に特殊な形状を施した金具のことを指します。これらの金具は、建物や橋梁の補強や固定、接合などに使用されます。

異形

建築や土木工事で使用される、標準的な形状ではない特殊な形状をした建材や部品のことを指します。建物や橋梁の設計において、特殊な形状が必要な場合に使用されます。

ネジ

建築や土木工事で使用される、木材や鉄骨などに取り付けるための金属製の部品のことを指します。様々な種類があり、材質や形状などが異なるため、使用目的に応じて選択されます。

アンカー

建築や土木工事で使用される、建物や橋梁などの基礎部分に固定するための金属製の部品のことを指します。アンカーは、地震や風などの外力に対して建物を安定させる役割があります。使用するアンカーの種類や設置方法は、建物や橋梁の構造や環境条件によって異なります。

耐震補強(耐震枠等)

耐震補強とは、建物の耐震性能を向上させるために行う補強工事のことを指します。地震が発生した場合に建物が倒壊したり、大きな損傷を受けたりしないようにすることが目的となります。

耐震補強の代表的な工法の一つが、耐震壁の設置です。耐震壁とは、建物の強度を向上させるために壁や柱などの部材を鉄筋コンクリートで補強し、地震時の揺れに耐えるための壁のことを指します。

杭頭補強(パイルスタッド)

杭頭補強とは、建物の基礎杭において、地震や風圧などの外力による荷重に耐えられるように、杭頭部分に鉄筋を取り付ける工事のことで地震や風圧の影響を受けやすい地域や高層建築物など、耐震性が求められる場合に重要な工事となります。